Coffee tables

1月28日。この日はスタジオ・ツアーです。アドヴァイザー・アーティストを迎え、参加者皆でディスカッションしながら各レジデントのスタジオをまわるツアーです。1日かけて行います。今回のアドヴァイザーは、Avis NewmanとPaul Perry。
レジデントの1人、Susanne(スザンヌ、レジデント2年目、ドイツ人)のスタジオでのことです。
彼女は数年前からカモフラージュ・ミュージアムというプロジェクトを進行中。詳しくはコチラ。
www.thecamouflagemuseum.org

diary_orada0203.jpg
 
 今彼女のライクスのスタジオにある作品は、家具のような立体に、写真のイメージを嵌め込んで展開しています。彼女は「街の風景が変わるのが速い」ことがテーマで「50年代のシェイプの家具」をモチーフにしているそう。
diary_oranda0201.jpg

 
 そして話題はこの低いテーブルのこと(画像悪くてすみません)。
 彼女は「これはチェス盤を作っているところ」といいます。天板のガラスの中は警官の写真VS学生デモの写真という構成で写真が嵌め込まれ、チェスの枡を形作っています。でも駒がまだない。「駒のプランはあるの?」ときいてみます。彼女は「それが、チェスというテーマは私にはちょっと重くて、駒のプランはまだないの。」という答え。Andre(アンドレー、レジデント1年目、九州ラーメンを愛するオランダ人)は「僕にはこれはチェス盤に見えない」と言います。するとAmalia(アマリア、レジデント2年目、アルゼンチン人)が「これはコーヒーテーブルよ。この上でチェスをするのは止めて、コーヒーを飲んで話をすればいいわ。」と。
う〜ん!チェス盤がコーヒーテーブルに・・。この「家具」というスザンヌの切り口にはこのアイデアが合っているし、そしてその方向がなんか明るいという気がしてなるほど〜と思ったのでした。(写真は後日スザンヌのスタジオで、本当にコーヒーテーブルとなっていた時のもの。)
diary_oranda0202.jpg

このブログ記事について

このページは、tomokoが2005年1月28日 06:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「はじめに」です。

次のブログ記事は「木枠とStretcher」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261