インタビュー始まる

レジデンス5ヶ月と8日目

昨日からインタビューが始まりました。アドバイザーやファシリテイター達がライクスの中を忙しく走り回っています。

インタビューは来年度のレジデントを決める面接です。10人ぐらいのアーティストのアドバイザーと1時間程度、次に10人ぐらいの批評家のアドバイザーの前で1時間程度の自分の作品のプレゼンをします。
中国人らしき女の子が初めのインタビューが終わると緊張が解けたのか、次への緊張のためか、突然泣き出しています。
私も去年、ほとんど英語が話せないままこのインタビューに臨んだ時のことを思い出しました。自分の番を待つ間、「トイレどこ?」と聞いた時も「そこ曲がって右」といわれた事も聞き取れず、挙動不審な動きを繰り返し笑われていました。なす術もなかったので「絵を見てもらうほかないわ」と気持ちを切り替えて、楽しいインタビュー→結果オーライ、でしたが。

さっき泣いていた彼女が「I'll go home, thank you.」といって帰っていきました。
よくわからないけど彼女は受かるような気がする。

インタビューは今週いっぱい続きます。来年はどんな人が来るのか楽しみだね〜!

050621.jpg

このブログ記事について

このページは、tomokoが2005年6月21日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベルリン」です。

次のブログ記事は「速い!!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261