パッキング

レジデンス5ヶ月と22日目

きょうはロサンゼルスに運ぶ作品のパッキングをしました。
私は作品のサイズが大きいので、今までは絵を運ぶ時、絵を木枠に張ったまま、木枠を真ん中から切ってそれごと折り畳む(もちろん表面は保護しながら、詳細は省きます)、という技をやってましたが、ここのストレッチャーはそういう荒技には向いてないので、はじめて木枠から絵を外してロールする、という方法をとります。何か緊張するわ。
大きい作品がギャラリーに2点、スタジオに1点あり、まずスタジオでロール作業、続いてギャラリーでロール作業を行います。
解体、ロール作業じたいはShipper(運搬屋さん)のKickが手伝ってくれたので意外と簡単に作業できました。不安なのはロスのギャラリーで組み立て直す作業。でもいったん出来上がった絵を解体して(自作のストレッチャーも解体している)、また組み立て直すという作業には興味津々です。

スタジオでロールした作品をギャラリーまで運びます。Kickの車は普通車なので、作品を車内に斜めに渡し、どこかに当たらないよう助手席で私がおみこしみたいに担いで作品の均衡を保ち保護します。
助手席に座ってはいるものの、結構無理な姿勢で疲れました。

(明日につづく)

050706.jpg

このブログ記事について

このページは、tomokoが2005年7月 6日 02:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サンタクロース」です。

次のブログ記事は「パッキング2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261