オランダ旅行

レジデンス1年1ヶ月と6日目

帰ってきました、オランダ旅行から。今年はオランダ国内のみならず、ドイツはエッセンまで足を伸ばし、19世紀にエッセンがヨーロッパNo.1工業地帯として栄えていた頃の工場を見ました。ライクスではこんな感じの遠足や旅行が年に4、5回あり、参加は自由です。費用も安く、普段出不精な私には、いろいろ見られるいい機会です。

旅程をかいておきますのでオランダ、ドイツなどへ旅行に行かれる方は参考にしてみて下さい。

1日目
De Hallen (Haarlem, the Netherlands)
現代美術館です。あまり大きくはなくJörg Immendorff, Jonathan Meese, Julika Rudelius のショーをやっていました。

Panorama Mesdag (The Hague, the Netherlands)
遠近法の研究に生涯をかけた19世紀のオランダ人画家、Hendrik Willem Mesdagの作品を集めた美術館。2階にある当館目玉の360度パノラマ風景画はかな〜りたのしめます(注1)。
www.panorama-mesdag.nl

Museum De Pont (Tilburg, the Netherlands)
オランダの中でもかなり良質の現代美術館です。はじめはコレクション制ではなくキュレーション制のみで運営していた美術館です。現在はコレクションももっています。私が行ったときはペインティングのコレクションをたくさん見せていて楽しかったです。若手のショーもよく行っています。
www.depont.nl

2日目
Zollverein (Essen, German) UNESCO monument of 20th century architecture
ドイツのエッセンにある、19世紀の大きな石炭工場。1958年に工場は閉鎖、いまではユネスコ世界遺産となっています。広大な敷地の中にはEmilia and Ilya Kabakovのプロジェクトスペースやデザインミュージアムがありました。面白かった。
www.zollverein.de

3日目
Giethoorn
オランダにある、「北のヴェニス」と呼ばれる小さい村です。昔の農家の建物がたくさん残っています。その建物をそのまま改装してオランダの農家の暮らしぶりを展示する博物館があります。「ファンファーレ」(1958)という映画の舞台になったんだそうです。

このブログ記事について

このページは、tomokoが2006年2月20日 01:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バレンタインデー」です。

次のブログ記事は「プロジェクトルームおわり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261