OA17

OA17

そういえば隙をみてOA紹介もしていきます。今日は昨年ルームメイトだった超ロマンチスト、アメリカ人のRyan。彼は今でも時々現れては面白いエピソードを必ず残していってくれます。彼の過剰ともいえる美意識がつくりだすスカルプチャーやインスタレーションは、すごいと同時に、何か面白いと思ってしまうかんじがあります。

OA17, Ryan Parteka

060325a.jpg
全部塩でできてる椅子。足のところは月なんだそうです。どこでもない場所をつくりたいライアンにとって月は大切なモチーフです。

060325b.jpg
ムーンチェアを横から見たところ。まわりの柵は時計の針だったんだそうです。Ansya Blom(アドヴァイザー)は部屋に入った途端、「これは電気椅子だ」と言ったそうです(ライアン談)。

060325c.jpg
壁には砂時計みたいな形をした針?がついてる時計が、時計まわりには動かず逆に動いたり止まったりしている。

このブログ記事について

このページは、tomokoが2006年3月25日 07:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ローマ旅行」です。

次のブログ記事は「GENT」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261