Essen & Dusseldorf

レジデンス1年5ヶ月と16日目

今日はライクスのバス遠足でした。行き先は、
1、ドイツはエッセンのMuseum Folkwang Essenで、Casper David Friedrichの大きな回顧展。
 ロマン派の画家のようですが、なんか、薄い絵の具のつるっとした画面や、表現の文法がアニメーションの一場面ような印象を受けました。細密化というよりはミニチュア化してるって感じをうけたのが面白かったです。

2、デュッセルドルフのMuseum kunst palastでZERO-exhibition。
 ZEROというのは50〜60年代ヨーロッパでのアヴァンギャルド・ムーブメントのグループで、展覧会は、ルーチョ・フォンタナとかイヴ・クライン、日本の具体やもの派にもフォーカスをあてそのころの前衛的な動向を包括的に見せようという展覧会した。
具体の作品がたくさん見られて面白かったです。

その頃のビデオ映像もあり、それを見ると、状況のリアクションとしてのアクション、として作品が生まれた様子を見ることができ、(作家のスタジオ内での作品の様子や、群馬野外彫刻展での様子など)そういう作品が美術館というニュートラルで抽象的な空間に「ただのアクション」として置かれることへの大きい違いが見られて興味深かったです。

こういうときって映像って役に立つなあ〜と思います。


3、同じく デュッセルドルフはK21という美術館でMartin Kippenbergarの回顧展(先月までロンドンのテイトモダンでやっていたものの巡回展です)。

K21での展示は、入り口の吹き抜けに「The happyend of Franz kafka's America」があったり、他の作品も広い空間の中にいっぺんに置かれていて、仕事のシリーズ別に分かれつつも共鳴し合っている感じが良かったです。こういう場所だとキッペンベルガーのペインティングのマテリアルがすごく良く見えます。

テイトモダンのような、広いとは言え閉じられた各個室の中で見ているという感じの場所とはまた違った経験でした。見て良かったです。

とりいそぎ報告でした。

写真はCasper David Friedrich。
これは会場でもらったリーフレットからで何ですが、興味のある人はちゃんとした画集など見てみてください。

このブログ記事について

このページは、tomokoが2006年6月30日 09:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仕事のこと」です。

次のブログ記事は「フランス対ブラジル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261