Marcusのこと

レジデンス1年5ヶ月と7日目

きょうはSema(オランダ人、フォトグラファー)のボーイフレンドのMarcusのことです。

ライクスではアーティストの家族やボーイフレンド、ガールフレンドがアーティストの手伝いをしにきているのをよく見ます。

中でも一番見かけるのはMarksです。
忙しいSemaの代わりにワークショップに出来上がった写真を受け取りに来たり、ショーのインストールを手伝ったり、旅行の帰りは必ず空港まで迎えに来てたり、なぜかLura(Galの犬)を散歩をさせてたり。

背が高くて、やさしそ~な甘い顔をしたそんな彼はミュージシャンです。ギターを弾き、エフェクターと打ち込みをつかった一人演奏です。

この間、Paulienが彼のCDを聴かせてくれました。歌詞がオランダ語か英語かよく分からなかったので、「何歌ってるの」ときいたら全曲Semaのことでした。

すごい・・・!!ちょっとビックリしたけど、でもそういうのすっごく良いわ。

このブログ記事について

このページは、tomokoが2006年6月20日 09:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「W杯」です。

次のブログ記事は「仕事のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261