ベルリンビエンナーレ

レジデンス1年4ヶ月と20日目

今日も話題はベルリンビエンナーレ。ベルリンのテレビ塔はW杯仕様だったよ。頑張れ日本。


会場は旧郵便局(Auguststrasse5A)。
はじめの部屋に入ると、がらんとした廃墟の床に、片方だけのサッカーシューズが置いてあります(写真右)。写真だと淋しい光景ですが、ユダヤの民族音楽っぽい、力強く明るいリズムの演奏がどこからか聞こえてきています。それを聞いているうちに、淋し気だったサッカーシューズがなぜか面白いものに見えてきます。

 壁には隣の部屋へ通じるドア(穴)があり、音につられて行ってみるとバンド演奏の映像が流れています(写真左)。タイトルは「ベルリンビエンナーレのテーマソング」。いい顔した4人のおじさんたちが先ほど聞こえてきていた音楽を演奏していて、時々「Auguststrasse(会場となったストリートの名前)!Auguststrasse!」と間の手を入れたりしていてかなり面白いです。おじさんたちは演奏後、満足げに何か話したりケーキを切り分けたりしています。

このブログ記事について

このページは、tomokoが2006年6月 4日 05:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベルリンビエンナーレ」です。

次のブログ記事は「W杯」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261