2007年11月アーカイブ

Gal and Ton

2007年11月25日


gai%20and%20ton_.jpg


アムスはもう冬です。毎日自転車をこいでスタジオに行くのが寒すぎます。
大心(ダンナ)はオープンスタジオを3日後に控え忙しそう。
私はスタジオの大規模なリノベーションが終わり、長かった去年からのスランプも去り、ようやく制作モードでうれしい毎日。


今日のドローイングは、アムスでの私の数少ない友人であるイスラエル人アーティストGALと、そのボーイフレンドのオランダ人TONと、大心と私でピザを食べにいったとき、GALとTONが口論をはじめたところ。
なぜかというとふいに始まった2人の口論はとても印象的だったから。

大雑把に言うと、TONがペインターというものの社会的な役割のなさを突然いいはじめ、それをGALは、一人の人間の生において、クリエイトするという行為の役割は決して無視されるべきではないといったのでした。

あまりにも大雑把に見えでも、結局言いたいのはそこだろ?っていうかんじの口論でした。

もちろん私は後者で、そうでなければ私は自分が絵がかけなかったときの苦しさからは抜けられなかったろうと思ったから。Tonのロジックは、つまり、ものづくりそのものには必要ないとはっきりと思えたんでした。

これを読んだ人は何のことやらさっぱりわからないかもしれないけれど、まあ記念の意味でアップしようとおもいました。

それではまたー。

このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261