2枚のドローイング

2008年11月26日

 本日大心の2度目のオープンスタジオが始まりました。
 2年経つって本当に早いです。大心はついこの間入ったばかりな気がするのに・・

 ことし時々大心のスタジオに顔を出したとき、壁にたくさんの、紙の仕事が貼ってありました。彼は今年、思いついたアイデアをどんどん紙の上に出していく仕事をずっとくり返し、その甲斐あってラストにフレッシュな絵をたくさん描きました。すごくきれいです。

 その紙の仕事は今回のオープンスタジオでは見せていないけど、オープンスタジオのブックレットをひらいたとき、(ブックレットは、各アーティストのスタジオヴューで構成されていたので)その紙の仕事の中の1つ、スタジオの端っこに貼ってあった2枚1組(たぶん)のやつ、を見たときのことを思い出しました。

 目に留まってまず、
 「どっちの絵を先に描いたのかな」とおもい、
 「たぶん左の方(茶色い方)だろう、じゃあ何故その次に右のやつ(緑の方)を描いたのかな」
 「んー、茶色い方は、地面があって中央に竜巻があって、状況がちゃんとしているし、大心から対象までのはっきりした距離感がつかめる。でも緑の方は、ちょっとブロウアップされているから一瞬どこにいるか分からなくなる、そのかわり彼がその居場所から対象に1歩踏み出した一瞬、視界がグラッときたときの興奮のようなものがある。」

 「で、緑の方に描いてある舞っている葉と空いたスペースは時間を感じさせるし、それを見る時、描いてあるものから少し離れて『木の葉はこの後どこへ行くんだろう』というちょっと離れた気持ちにもなるし、一方で『このオレンジの線をくるくるっと描いてしまう感じ、予想外のものがでてきた瞬間を、そのままパッケージングした感じが、きれい。』ともおもっていました。

 ついでに、「1枚選ぶとしたらどっちが良いかな」ということを考え始めてやっぱりやめました。2枚の絵はお互いたわいないおしゃべりを楽しんでいる、というふうに見えたので。

two drawings_image.jpg

このブログ記事について

このページは、tomokoが2008年11月26日 07:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夢を見るのも仕事」です。

次のブログ記事は「持ち運びのできる作品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261