その時が来たら

2010年1月12日

winnie_the_pooh.jpg

これは私が昨年ふと立ち寄ったおもちゃ屋さんで見つけた、クラシック・プーのカードです。
ツマミを左右に引っ張ると絵が変わります。


このカードはよれよれの古いビニールに入っていたけど中身はきれいだったので買って、あーやっぱりこのクラシック・プー(と呼ばれる挿絵のプー)がかわいいな、、と思い眺めていました。

眺めながら、ライクスにいたころAnsuyaというアドヴァイザーが私のスタジオに来て話をしてしたとき、確かそのときは私の作品ができるプロセスなどを話していたと思うけど、「あなたはWinnie-the-poohだわ、読んだことある?」と彼女が言ったことを思い出しました。

私は読んだことがなく、「ないです」と答えると、

「読んでみると良いわ。今のあなたの言ったことはプーも言っていたわ」といって、親切にわざわざ私の言ったセンテンスをいくつか紙に書き留め、手渡してくれました。


でもその紙も今はなくしてしまったし(私はライクスにいる間、いろんなそういったもの、メモやドローイングなんかもスタジオを移るときごたごたして、その多くをなくしています。)、その後もWinnie-the-poohを読んでみることは忘れていたのですが、そのとき書き留めてもらったことで覚えているのは、

I make it when the time comes、ということです。その作品ができたのは、そのときが来たからだ、ということでした。


このカードも、ロシア人の友達Marusya(マルーシャ)に赤ちゃんが生まれたのでロシアへ送りました。
大心が、私へのクリスマスプレゼントにWinnie-the-Poohの本を買ってきました。
万物は動かなくてはならない。

このブログ記事について

このページは、tomokoが2010年1月12日 00:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金魚がうちにやってきた」です。

次のブログ記事は「オランダあるある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261