時差ぼけで夜中に起きて

2010年4月15日


 時差ぼけで夜中に起きてしまいました。2日前から、急な用事で日本に来ているのです。

 夜中に起きて寝付けないのでメールを開いたら、大心からメールが来ていました。リンクがついています。
 [外国人参政権/欧米の実相・オランダ、広がる亀裂]と題されたMSN JAPAN(産経ニュース)の記事です。

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100414/erp1004140954006-n1.htm

 ここに書かれている、反イスラム自由党(PVV)というのは反移民政策を提唱する極右政党です。ムスリムの公共の場所でのスカーフを禁じ、移民を5年間はストップするというマニフェストをだしたり、党首がかなりのレイシストだということはオランダの世事に疎い私ですら聞いたことがあります。
わたしもひとりの外国人ですから、そういったマニフェストが愉快ということはありません。


 そしてイスラム移民に警戒心をもつ有権者の支持で議席数が増えたというこのPVV、オランダ人の友人たちは、なんだか1930年代に戻っちゃったみたいで心配、とか、自分のいる国を誇りに思えない、とかいいます。

 日本にも、ここで言われる外国人参政権問題だけでなく様々なタイプの移民問題があるはずですが、居心地の良さだけにとらわれず、寛容さというレンジの広さから難しくも面倒臭い、でも未来を考えるなら必要不可欠な対応を、私も含めたどれだけの人が選択していけるか、ということです。
 
 移民の側にも寛容さは要求されます。移民だって他国にいながら自国での暮らし方にひどく固執すれば摩擦がおきます。

 この記事には「住みよいロッテルダム」という地方政党のことも書かれていますが、「住みよい」=「居心地のいい」という、誰もがその獲得の権利を持っているように思われているものにだって、本当に知らないうちに危険が含まれることがあるのだと私は思います。

異質だと思うもの、理解できないものへの対応はひじょうに気になるところです。

IMG_1134_01.JPG

赤パジャマ青パジャマ黄パジャマオカンのパジャマ

このブログ記事について

このページは、tomokoが2010年4月15日 09:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web」です。

次のブログ記事は「Rabbit Ear」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261