それは石で口をゆすぐという意味

2010年5月12日

たいしたことではない気もしますが。

私のルームメイト、GoEunに間違ったことを教えたままです。

ある日、GoEunが私の部屋に来て、私の本棚にある夏目漱石の本を見つけて、「これなーに?」ときいてきました。
そこにあったのは、夏目漱石の「我輩は猫である」「三四郎」「それから」「こころ」と、「明暗」でした。

GoEunはちょうど韓国語で「門」を読んでいるところだとおしえてくれました。漱石に興味があるんだと。

へーじゃあ水村美苗って作家しってる?彼女は漱石以降の「小説」を漱石の遺作の続きを自ら書くことで始めた作家でね・・とかしゃべったあと、GoEunが

「漱石ってどういう意味?」というので、

私「知らないな。有名な漢文から取ったらしいんだけど・・漱石って言うのはペンネームなんだって。」

G「じゃあ漱石の本名はなんていうの?」

ときかれ、とっさに浮かんだのが「房之介」という、テレビで見たことのある漱石の孫で漫画コラムニストの名前でした。

私「えーと、フサノスケ、だったかな?」

G「フサノスケってどういう意味?」

私「"フサ"はー、・バナナとかブドウとかを数える時に使う単位でー」

G「あー私それ知ってる!韓国語で△×◎っていう!」

私「(あ、これで分かった?とちょっとビックリ) で、"ノスケ"はー、男の名前によくついてるもので特に意味はないと思う」

G「へー」


そのあとにすぐ「夏目金之助」だった!と思い出したけど、もうGoEunは部屋に戻って何か作業しているようだったし、なんとなく無駄話するタイミングもなく今日に至っています。

ゴールドだったね・・・ていうか、「漱石」の意味教えてあげたかったね。
でも水村美苗を教えたのでセーフ。

it'snotbanana_blog.jpg

このブログ記事について

このページは、tomokoが2010年5月14日 04:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「from かたづけ to Welcome」です。

次のブログ記事は「W杯はじまった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261