2010年8月アーカイブ

グーグ−5

2010年8月15日


今日は日本にいる友達から郵便が届きました。
「グーグーだって猫である」の5巻です!

彼女(日本にいる友達)は猫友だち。
なにかにつけ、近所の猫の写真を送ってくれたり、街で見つけた猫グッズを送ってれたり、とくに大島弓子先生の「グーグーだって猫である」の新刊が出ると必ず送ってくれます。
猫好きとはそうしたもの、秘密の心のよりどころなのです。

わたしも自分ちの猫のかわいい写真とかよその猫のかわいい写真とか送ったりします。
そしてさっそく送ってくれたグーグー5をよみました。


よんだことあります?これ。
読み進むにつれどんどん世話をする猫の数が増えて(現在は家にいる14匹に加え、外猫のケアもなさっている!)、どんどん大島先生の人生が猫たちの人生にコミットしていきます。


今回は、「ラテちゃん」という仔猫の死と、「ソックス」という仔猫の事故死、それから仔猫をもらってくれた初期の担当の方の訃報にもふれてあります。
その5巻まで読んでようやく気が付きました。
このマンガは始まった当初から「死」が身近にあったんだ、ということに。


ふえ続ける猫=「死」と戦っているから、ということになりはしませんか。

ふえ続ける猫と、「死」が身近にある、といって思い出すのは石井桃子先生の「迷子の天使」です。

こちらでは念海夫人が戦時中の空襲で、生き埋めになった近隣のおばあさんの、"土からにょっきりきのこのように生えた"足を目撃するという、暴力による死のイメージが描かれます。

その後、念海家はほとんど猫捨て場となり猫はふえ続けます。それらの面倒を見るのはもちろん、主人公はさらに、隣の家(汚職をやっている政治家)のさみしい子供たち、その家のかまってもらえない高額なコリー犬、さらにはその友達(不遇な子供)と自分ちの子供、それら「迷子たち」にもかかわっていきます。


グーグーに話を戻すと、


この前、マーストリヒトの庭で1日をすごす老猫Poesjeの絵を描いたり、
大心のハラマキなど縫っていたときに亡くなった祖母のことを思い出していたことを考えました。

それらは大島先生ご自身の近くにあった死とはまた違い、べつに共通点などありませんが、
私に見ることができたのは同じくそこにあった、描かれた猫、です。描き続けられる猫、といったものです。


そういうものがあるということが好きなのです。

ついでにいうと、先日私は9月に1週間ほど留守にするために、私の飼い猫の世話をしてくれる友達を捜していました。
方々に電話をかけると「いいよー」と快諾してくれた友達が3人もいました。

アーティストは、ヒマそうに見えてもたいてい常に何かプロジェクトを抱えているもので、じつはけっこう忙しく働いている人たちです。
こういう、社会生活に於いてはとるに足らない小さい生き物のためにそんな手間をとってくれる人というのは本当にありがたいです。

キャットシッター探し。

CIMG7220.JPG

と、スヌーピー。
peanuts_cat.jpg

できるかな

2010年8月7日

2日ほど前、るみ子さんちに行ってきました。

るみ子さんとは、アムステルダムに住む日本人アーティストで昨年までライクスにいらした萩原るみ子さんです。長身で気さくで素敵なお姉さんです。


るみ子さんちは、Igorが廃校になった小学校を丸ごと借りて、それを何人かのアーティストでシェアして自ら大掛かりな改装を施し、スタジオビルにしたそうで(ゲストスタジオも作って、その家賃収入を維持費に当てるんだとか。すごいわ~~)、その出来がものすごくよい!というお話を伺っていました。実際すごいです。

改装初めのころ、大心が少しお手伝いをしたこともあって、その後のプログレスぶりをぜひ見せたい!!とおっしゃってくださったのでお邪魔いたしました。


おお~~~~~~~~~~~~~~。

CIMG7193.JPG


写真は住居スペースです。
スタジオの中に大きなプラットフォームを作り、その上が住居スペース。台の下はいろいろ収納が出来るように工夫されています。
女の子には大変な作業に違いなかったでしょうが「アタシにも出来る!!」という充実感のほうが大きかったそうです。なるほどぉ~。

大心は部屋に入るなり、コーラを沸騰させて床を汚す粗相をして掃除中。↑


CIMG7205.JPG
「アタシにも出来る!」のイメージ。↑

キッチンのレンガ造りの壁をブチ抜いて通路につなげてあったのには驚きました。
レンガぶち抜くってすごいから!
ドリルでこつこつ穴を開けて徐々に広げていったんですってよ・・・「ショーシャンクの空に」みたい!


いろいろ見せてもらったり話しているうちになんだかいろいろ楽しくなって、知らないうちに7時間もしゃべって帰ってきました。
きっとるみ子さんの作ったスペースの充実ぶりが感染したのでしょう。

マーストリヒト

2010年8月4日

 マーストリヒトに10日ほど滞在してきました。
 マーストリヒトは、オランダ最南端にある都市で、アムスからは電車で2時間半ぐらい。
 すぐ近くにベルギーの国境とドイツとの国境があり、というかそれらが食い込んで挟まれてる感じの細長い街です。
 山(丘?)あり、川あり、野生の馬もおり、自然多く避暑地といったかんじのきれいなところ。サイクリングにもひじょうに良いです。

 イワンのママのIngeがそこに住んでいて、Ingeが留守にするためその家の猫の世話を頼まれました。
 Ingeがなぜ留守にするかというと、Ingeの友達が留守にするためその家の猫の世話を頼まれたからです。猫の世話リレーです。
 
 ついでに言うと、私んちの猫の世話は、きほん大心がアムスに残ってやってくれましたが、大心もマーストリヒトにくる3日間は、Go Eunや肥沼君がうちに来て世話をしてくれました。
いやあ〜、ほんとうにどうもありがとう。

私が世話をした Poesje(プーシェ、その家の猫)は17〜18歳にもなるお年寄りです。毛は白黒でアロエ(うちの猫)にそっくし。
 日がな一日庭でじっとしていてしあわせそうでした。
 背中の毛はちょっとはげてるけど問題なしお。
 たまに足をプルプルさせてヨタヨタあるいていて、それがまたすんごく愛らしかった!
  可愛〜いPoesje(と大心)とのたのし〜い10日間でした。ニャォーーーーン!!
poesjeblog_1.jpg

poesjeblog_2.jpg

Poesje_3.jpg

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261