グーグ−5

2010年8月15日


今日は日本にいる友達から郵便が届きました。
「グーグーだって猫である」の5巻です!

彼女(日本にいる友達)は猫友だち。
なにかにつけ、近所の猫の写真を送ってくれたり、街で見つけた猫グッズを送ってれたり、とくに大島弓子先生の「グーグーだって猫である」の新刊が出ると必ず送ってくれます。
猫好きとはそうしたもの、秘密の心のよりどころなのです。

わたしも自分ちの猫のかわいい写真とかよその猫のかわいい写真とか送ったりします。
そしてさっそく送ってくれたグーグー5をよみました。


よんだことあります?これ。
読み進むにつれどんどん世話をする猫の数が増えて(現在は家にいる14匹に加え、外猫のケアもなさっている!)、どんどん大島先生の人生が猫たちの人生にコミットしていきます。


今回は、「ラテちゃん」という仔猫の死と、「ソックス」という仔猫の事故死、それから仔猫をもらってくれた初期の担当の方の訃報にもふれてあります。
その5巻まで読んでようやく気が付きました。
このマンガは始まった当初から「死」が身近にあったんだ、ということに。


ふえ続ける猫=「死」と戦っているから、ということになりはしませんか。

私はもうすぐ留守にするのでキャットシッター探し。

CIMG7220.JPG

と、スヌーピー。
peanuts_cat.jpg

このブログ記事について

このページは、tomokoが2010年8月15日 03:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「できる」です。

次のブログ記事は「ベルリン!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261