2011年4月アーカイブ

こん週末のこと

 2011年4月10日


CIMG7532.JPG

こん週末は、ひじょうにいい天気でした。

わたしはスタジオにフォトグラファーを呼んでの撮影を予定していたのと、
私のスタジオビルの中庭、200平米ぐらいのけっこうな広さが荒れ地のままだったのをテナントのアーティスト皆でガーデンにする作業(石を取り除き、雑草を抜き、土を耕し、肥料を混ぜ種をまく。BBQのかまどをつくる)が行われたのと両方あったため、両方同時にやる、という忙しい日になりました。
でも庭で体を動かすのは気持ちがよかったし、写真をきれいに撮ってもらえたのも良かったです。


荒れ地を庭につくりかえる作業のリーダーは、私の隣のスタジオのRuneというアーティストで、
この人はオランダの現政権で採決された今年からの文化予算50%削減案の反対運動のリーダーのようなこともしています。
http://www.platformre-set.nl/manifest-nl/
Runeは庭作りもよく知っていてプロフェッショナルなかんじでした。


話は変わって、私がオランダに来て1年ぐらいたった頃に、Miekeという友達、私より1年先にライクスにいたアーティスト、と話していて、何かのついでに話が日本の社会と若い人たちとのことになりました。
「私興味あるんだけど、なぜ日本の若い人たちは社会に不満があっても黙っていて、自分たちの主張をしないの?たとえばデモ行進するとか集会をひらくとか」
と彼女にきかれ、そういわれればそうだけど、なんでだろう、と考えました。
わたしも日本でデモにいったことはなく、反原発集会&ライブというのには高校生の頃(20年前ですもう)日比谷野音に見に行ったことがあったけど、それはタイマーズが出ていたので行ったのでした。

日本にも60年、70年代には日米安保条約反対への学生を含んだ大きな反体制運動があったよ、それが一大ムーブメントとなったあと突然消えてしまったという話は聞いているし、その突然消えたことへの不信感が大人にはあって、若い人にも諦めの感じとして根強く伝わっているんじゃないのかと思う、というのがそのときの答えでした。

のちにそれは日本人のgreat hesitationでしょうと言う人もいました。


同じことをSemaと話していた時(SemaもRuneとおなじ反対運動グループで活動している)、「日本は大国だからでしょう」と言っていました。
どういうことだろう、サイレントマジョリティの数が多いと政府がそれを利用するという意味だろうか。

ユトレヒトという街に住んでいた頃は、ドイツ系オランダ人のフラットメイト(学生)から、ドイツのライプツィヒで学生によって始められた、教会でろうそくをともして集まる非暴力運動から始まった集会が、後にベルリンの壁の崩壊に至ったのだということを誇らしげに話していたのも聞いたことがあります。

そんなふうに聞く度に「そうなんだ・・」と思うだけでした。

でも今回の統一地方選挙の結果を受けて、大心は都民じゃないけど石原都知事4選にとても落胆していたのだけれど、
原発政策だけを見るなら、脱原発政策をかかげた候補の得票数を合わせればとても多いのだし、脱原発意識は十分に高くはないかとも考えられます。だから方法は出てくるようにも思います。

日本のような国での原発依存は、投票しただけで済むものではなく選んだあとも、市民が自ら作る気で草の根運動を続けないと、ただでさえすぐには実現しないのだし、これからも重要な住民運動として考えて参加して発言すればいいのだ、統一地方選挙選挙後にもデモはあるし、もちろん私もいって何かしてくるけどそれでいいか、と励ましました。

ところで写真を撮ってくれたTon、これはチャリティーにするのだといったら、様々な費用をうけとらず日本の人たちに寄付してくれと言ってきました。何てえらい子・・。
代わりにといって、撮影中かけていて気に入ったというクレイジーケンバンドをコピーして持っていきました。

庭のほうもみんなで作業をしたせいかだいぶはかどって、夕方にはそれぞれの家族や子供も呼んでBBQをしました。

やっぱり放射能のない暮らしの方が良いと思った1日でした。


CIMG7521.jpg

日曜です

2011年4月3日

4がつです。
もうサマータイムに入り、だいぶ日も長くなりました。今回の冬は、昨年12月だけ寒くあとはそれほど寒くならずで助かりました。


3月末に、タイ在住の友人のアーティストと、アムステルダムで会うためのメールのやりとりをしていたら、

「さっきのニュース(3月末時点)でみたけど、タイからも、ヴェトナムからも、韓国からも、アメリカの雨雲からも日本の福島から来た放射性物質が出ていると言っていた、
もちろん全ての日本の水源に放射性物質は入ったし、世界を事故前の状態にするには4000年かかる。」

といわれ、何かやっぱりまず謝ってしまいました。 タイ人の子や韓国人の子らの顔が浮かぶし、こういうとき他人顔でいられない性分だからです。

で、これは深刻な問題で、事故は本当に怖かったし、私もこの事故のあとで、日本にはまだ50基ほど原子力プラントがあって、古くて稼働しない方が良いものや、いい加減な施行やチェックによるコンディションが悪いものがまだたくさんあること、そのいくつかは活断層の真上にもあることを知って、事故までそれを知らなかったことは恥ずかしくおもうことなど伝えました。


ついでに、日本語でのそのニュースは出ていなかったので、

日本のニュースでは放射性物質の放出にかんしては、「その水(野菜)がいかにそこまでダメージを受けていないか」のほうにフォーカスをあてていて、それを聞くうちにこの事故の放射性物質が少し入っていることにも慣れていくし、

体への影響も、しきい値がちゃんと分かってなくても安全だと他人にアドヴァイスする学者が、関係ないたとえばかり出して、事故によって出た放射能の意味を薄めて薄めて伝える感じがやだなとおもうことなども。


まあ私も4月には2週間ほど日本に帰るからその時はその放射能ぎみの水を飲むよ、でも甥っ子へのおみやげにはアムスから水(軟水)を買っていくよといったら、その子は、

私も今年8月の横浜トリエンナーレのサイト下見のために5月に日本に行って、8月にはそこでパフォーマンスするんだけどBFが一緒に来たがらないのよと笑っていました。


いつも買っているアロエの缶詰キャットフードですが、"Pacific ocean fish"と"Atlantic ocean fish"というのがあるんだけど、"Atlantic ocean fish"のほうは売り切れて棚にありませんでした。(同じ量だけ棚にあるのが常だったんだけど)。
マサカマサカ・・。太平洋の魚を案ずるヨーロッパの愛猫家はもう備蓄をはじめているの?


追記;

私も大心も毎日関心もって見ている、原子力資料情報室の中継映像のアーカイブができたそうです。

http://cnic-movie.blogspot.com/

第8回(2011/3/26 19:00~)原子力資料情報室記者会見からみられます。

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261