2012年2月アーカイブ

Schaatsen(スケート)


Schaatsen,(スカーツセン)、つまりスケートです。

友人のRimme(リメ)曰く、
「オランダでは街が凍ると人々は溶ける」のだそうです。

そのとおり。数日間気温がぐんぐん下がり、カナル(水路)の水が凍りだすと、オランダ人はものすっごく明るく、陽気になります! 
カナルが網の目のように張り巡らされているオランダは、寒くなるとそれが氷の道となり、その上をスケートし、氷の続く限りどこまででも行けるのです。
公園の池でも畑の用水路でも、凍ったところならどこでも自由に滑れます。
自由な気風のオランダ人は、自然の氷でするスケートの自由さ、すがすがしさ、(あとタダ!)が大好きなのです。

私のオランダ語の先生もスケートが大好きで、レッスン中もその話になると興奮しています。
(一度、Ankeveen/アンケフェーン、というアムスにほど近い大きな水場でスケートをしていたら、薄氷が割れて水の中に落っこちてしまったのを、どうやって助かったかという話を2週にわたってお話しになりました。)
Natuurijs/ナトゥールアイス=自然の氷、で滑る人の必需品であるという、落ちた時の自力脱出用のアイスピック、他の人が落ちた時に助けるためのロープなども見せてくださいました。
icepic.jpg

アイスピック、興味深い道具です。
つるつると、捕まりどころのない氷にちいさな爪を立て、自らの命をつなぎとめます。
黒いのは笛です。落ちたことを周りに知らせます。
私ももちろん今年のスケートのまえにひとつ購入しました。

私は薄氷が割れたところに落ちることもなく、というのも水深の浅い公園の水場や、厚く厚く氷の張ったカナルで人々がスケートを楽しんでいるのを確認してから滑ったからですけど、その楽しさだけはじゅうぶん満喫しました。

まあ〜それにしてもこの屋外でするスケート、なんと楽しいこと!!!!!
冬の寒い時期にオランダに来たなら、ぜひ、ぜひ!スケート靴を買ってカナルに飛び込むべし!


schaatsen_1.jpg

schaatsen_2.jpg

schaatsen_5.jpg

schaatsen_4.jpg

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261