2013年6月アーカイブ

ハロー!!

6月24日

今日、産まれました!

写真は、助産師さんに体重を計られているところ。

geboorte.jpg

ガーデニング

2013年6月22日
最近、大心が「あれ!アレはもう先週のことだったっけ?あれーいつの間にそんなに時間が経ったのかなあー」といいます。
つまり大心は忙しいのですが、私には、ベランダに植えている植物が、それを世話する人間(大心)が眺めたり世話している時間をしゅしゅしゅシューッと吸い取って大きくなっているから、のように見えます。

私たちの家には猫の額ほどの小さなバルコニーがあります。
春が来ると今年は何を植えようか、真剣かつわりと適当に決めます。大心は何か食べられるものを植えたがり("コーヒーを植えて豆を収穫し、それでコーヒーを淹れて飲む"とかが夢。)、私は花が植えたい。
そうして決めた今年の配分はコスモス(大プランター1と半、小プランター1)、菊(大プランター2)、カモミール(大プランター1と半、小プランター3)、パセリ、モロヘイヤ、シソ、(それぞれ小プランター2〜3個ずつ)です。
アムスの春はほとんど冬の延長ですので、種を植えて芽が出ても育ちはじめるまでは長い時間がかかります。
けど夏になって植物がぐんぐん育ちだすと、朝起きて、バルコニーで植えた植物の育ち具合を毎日眺めたり虫を取ってやったりする時間は大層楽しいのですが、時間が経つのが早く感じるのも事実です。
というのは、しばらく何の変化もなく、ちょっと見ては「まだだなー」というだけだった植物が、急に目に見えて」大きくなり、みている時間もみるべきものもぐんぐん増えていくものだから、「植物が眺めた分の何かを吸い取って大きくなっている」ように見えるわけです。
たとえば、その植物を観察して描いてみます。葉っぱの凹凸のひとつ1つに時間が吸い取られていくかわりに、紙の上に植物が育ち始める。そんなかんじ。
gardening.jpg


プリペア

2013年6月21日

出産準備をしています。
出産予定日まであと2週間ちょっとというところなのです。

いまだに時々、どこかに映った自分の姿を不意に見ると、臨月のお腹の大きさにビックリしたりします。


prepare_2.jpg

オランダには、私のようなフリーランスのアーティストにも産休制度があり、しかるべきところへ申請すれば、納税などの審査のあとで最大16週間(産前6週間、産後10週間)の有給休暇がもらえます。

私も休暇が受理されてからは、スタジオで仕事をするのは減らして出産の準備をしはじめました。
ここ数年大した変化もなかった家の中には毎日何かしらの変化があります。
家具の配置を2階から1階に変えたり、また1階から2階に戻したり、新たに必要な家具や出産に必要な道具を導入したり・・・みんな大心がやってくれるのですが。
それにしても出産って物いり。
アロエちゃんはベビーベッドに入りたくて仕方ないようで、たまに叫んでいます。












このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261