2013年7月アーカイブ

2013年7月1日

私たちのKraamtijd(クラームタイド)が終わりました。
Kraamtijdとは、産褥期間のことです。

オランダでは産後、Kraamzorg(クラームゾルフ)と呼ばれる産褥看護士が8~10日間自宅に来て、赤ちゃんとお母さんのお世話や健康状態をチェックしてくれます。
その間助産師も1日おきに様子を見に来て回復具合をチェックをします。
その他にコンサルターチビュロー(保健所のようなところ)からヒールプリックテストや聴覚テストに来たり、近所の人が赤ちゃんを見に来たり。
人が入れ替わり立ち替わり来て、お母さんと赤ちゃんを支えてくれるわけです。
慌ただしい感じもするけど、
それはとても楽しい、お祭りのような毎日なのです。

友人からのメールにも、
「私たちの息子は今1才半になったところだけど、この特別な期間のことは昨日のことのように思い出せます。」
とありました。

何でだろう。
はじめての赤ちゃんがいるからかな。
お風呂も毎日の中のお祭りな感じ。
kraamtijd_01.jpg

kraamtijd_02.jpg





このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261