2013年12月アーカイブ

Rabbits/アパルトヘイトと日本

2013年12月18日

Rabbits in the Rijks_web.jpg

Artist Endowmentに寄付した作品を取りにライクスアカデミーに行ったら、
あのウサギがまだいるのを見た。
君らもここにいられるの、よかったね!って思った。

(数日前、ライクスアカデミーはあのビルの正式なオーナーになったという知らせがあった。つまり政府の文化予算カットによる立ち退きがなくなったということだ。あのビルは、彼らにとってとても特別なので、これはとっても良いことだ。ついでにこのウサギにとっても良かった。)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


大心は日本のニュースをいつもチェックしている。オランダに住んでいても日本が好きなんだなあと思う反面、どこに住んでいたって忘れずにずっとチェックし続けるのはとても偉いとも思う。
大心のお気に入りの日本人ジャーナリストに、神保哲生という人がいる。彼は先日ネルソン・マンデラの追悼についてコメントをした。
日本でもネルソン・マンデラを追悼してその偉業をたたえ、褒めちぎる記事がたくさん出ているそうだ。そこで神保さんが言っておきたいのは、日本人には、ネルソン・マンデラを追悼する前に知っておくことがある、ということだ。
まだ南アフリカがアパルトヘイト政策を行っていた80年代に、日本は世界で唯一の南アフリカとの貿易国だった。
他の国は皆、アパルトヘイト政策に抗議するため南アフリカとの貿易をストップしていた。もし日本政府が他国同様、南アフリカとの貿易をストップしてくれていたら、もし日本人が、そのことを知ってちゃんと政府に抗議してくれていたら、アパルトヘイトはもっと早く世界から消えていたかもしれない、と神保さんは言う。
「日本人は、個々の日本人はとても優しくいい人達なのに、なぜ全体としてはこんなことをしてしまうんだろう」と、神保さんがまだ記者になりたての頃に国連の関係者がぼやいていたのをよく憶えているそうだ。
比較社会学者の宮台真司は 「(日本人は)あまりに人が良すぎて政府に抗議できないのだ」という見解を示していた。
・・・・。

嵐のシンタクラース

2013年12月5日

the day of sinterklaas_01.jpg
the day of sinterklaas_02.jpg
the day of sinterklaas_03.jpg

今年のシンタクラースは嵐、この秋から2度目の大きな嵐でした。
私は友人との約束があったので荘介を連れて待ち合わせ場所へでかけました。
友人も子連れ(2ヶ月のNewborn)だったので、約束を延期しようかとも思ったけど、まあ大丈夫だろう、ということで出かけました。

普段はあまり行かない道で、約束の場所を探してウロウロしていると、「トモコー!!」と叫ばれて振り返ると偶然会った別の友人が自転車にまたがっていました。その人Sookoon(スークーン)は、普段シンガポールに住んでいるのでじつに6年ぶりに会ったことになります。
「ひえー!トモコに赤ちゃんがいるー!」「大心もアムスにいるのー?」「わたし、Vincent (ヴィンセント、スークーンの夫)がAmsterdam Light Festival(アムステルダム・ライト・フェスティバル)に作品を出してるから3日間だけアムスに来てるのよー!」と言うので、じゃあ滞在中みんなで会おーね!と約束しました。
彼らとは、ライクスアカデミーにいた頃ルームメイトでした。

待ち合わせ場所から帰ってくるとVincentから電話があり、嵐のなかこれから荘介くんを見にきてくれるといいます。ひえーすごいな。
昔のルームメイトと突然シンタクラースを祝い、一瞬昔に戻ったようでした。
Sookoonは荘介を見て「そーすけ、DAIFUKU(大福)みたいー!」といっていました。

嵐の日が嵐みたいに過ぎたなあーとおもいながらほっと一息ついていたら、速報でネルソン・マンデラの訃報をききました。
嵐の日はまだ終わっていなかった。



Naive Set and Marijn van Kreij

2013年11月30日

今日は大心と荘介と、Gallery Paul Andriesse(ギャラリー・ポール・アンドリエッセ) にMarijn(マライン)とNaive Set(ナイーヴ・セット)のコラボレーションパフォーマンスに行ってきました。

music_01.jpg

music_02.jpg

'Welcome back! Thoughts are performance'
(おかえり! 考えはパフォーマンスだ)
と名付けられたこのパフォーマンス、どんなものかというと、

Marijnが自身の友人でもあるアムステルダムのバンド、Naive Setをギャラリーに招待し、
Marijnが最近やっているリフレイン・シリーズの作品の前で、(Naive SetのデビューLPのカバーアートもMarijnのリフ・シリーズです) 演奏してもらいます。
Naive SetはMarijnのリフ・シリーズへの返事として
ボブ・ディランとショージ・ハリスンによる"If not for you"のリフをエンドレスで演奏していました。なんかそれがとてもよかったです。

小一時間ほどのリフ演奏のあとは自分たちの曲を演奏していました。


私は以前にもMarijnが自分のショーに仲のいいバンドを呼んでライブをしてもらっているのを見たことがあり、
そのときは床に、丸く適当な大きさでカラースプレー(アイスとかのトッピングにするカラフルなつぶつぶ)を敷きつめてその上で演奏してもらっていたのをおぼえています。
今回Naive Setが演奏したのはダンボールにテープが貼ってある上。
何か普通っぽいけどドローイングする時は一番はじめにここを描きました。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261