OA03

レジデンス10ヶ月と17日目

来年のスタジオが決まり、スタジオの引っ越しがぼちぼち始まりました。住居もスタジオも、2年目になると自分で選べます。私は住居はそのまま、スタジオはManegeという、ちょっと離れみたいになった、れんが造りの古い駅舎のような建物の中のスタジオを選びました。もっと広くて採光のいいスタジオは他にもあったけど、どれも柱や梁がここはダメだろってとこに入ってたり、天井が変だったり、壁面であってほしいところが窓だったりでどうも使いづらそうで。普通の気に入ったスタジオに入れてよかったです。
きょうのOA紹介は、まぶだちのオランダ人フォトグラファー、Peggy(超!キュートな女の子)です。

03,Peggy Franck

051202a.jpg
彼女は、ペインティングについて考えることが写真を撮る大きなモチベーションなんだそう。

051202b.jpg
この1年、私をモデルに何点か制作しました。そのうちの1点。

051202c.jpg
真ん中は写真の貼ってあるスカルプチャー。三角錐ではなく、折れた面が内側に入り込んで形を閉じないでいるので、もと平面だったことと、それを切ったり折ったりするプロセスを見せてる感じ。

彼女のモデルをしたり、そのアイデアを一緒に出したり足りないところを考えたり、撮影後の彼女のトリミングやサイズ決めなどの処理をみて、つまりフォトグラファーの写真作りのプロセスを見ることができて面白かったです。

このブログ記事について

このページは、tomokoが2005年12月 2日 01:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OA02」です。

次のブログ記事は「さつえい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261