OA06

レジデンス11ヶ月と8日目

ほんじつのOA紹介は、アフリカはジンバブエからのペインターPatrickです。私は彼の作品が大好きで、Patrickも私の作品が大好きなので、OA後に作品を何点か交換しました。
彼はいつも、自分と同じアフリカ人、黒人の姿を描きます。サイズもそんなに大きくありません(だいたいが15~20号くらい)。派手なアクションではなく、数人の男性が路上でたむろしているところや、路上でタクシーに寄りかかって親密そうに話す男女の姿や、男性が壁のペンキ塗りをしているところや、ベッドにただ横たわる姿など。彼の視線が捉えたそれらのシーンと彼の絵の具が、何かを主張するわけでもなく、「ある一定の距離感」を見せてくれます。その「距離感」は、離れていることというよりは近さを、開いているというよりは閉じたところを指していて、つまり絵の具で作られることによる親密性と、平面であることによる近寄れなさが両立しているので、平面に絵の具がおいてあることが心地よく見えます。黒人労働者の「路上における室内性」(または室内における路上性)とでもいうべきモチーフと、平面に絵の具というマテリアルがとてもよく合っているのです。彼の作品をみていると、ペインティングの1つの幸せな状態を見ているようで気分がいいです。
夜になると自転車に乗ってスタジオにやってきて、ビールと煙草を片手にペインティングを仕上げていく彼の姿が、来年は見られないのでさみしいです。

06,Patrick Makumbe

このブログ記事について

このページは、tomokoが2005年12月21日 09:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OA05」です。

次のブログ記事は「OA07」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261